おすすめリンク

  • 土地家屋調査士法人えん

    東京の土地家屋調査士で評判がいいのはこちらの業者になります。土地や土地の境界などで問題があるなら、相談するといいでしょう。

新着記事

競売となる

住宅ローンが支払われていない場合、家が競売にかけられることがあります。競売の流れを知って、任意売却に持っていくことも可能です。基本的には、支払いが滞ることが競売という形につながっています。

続きを読む

物件を借りる

賃貸マンションや賃貸アパートは、審査を通過すれば借りることが出来ます。賃貸マンションは防犯対策がきちんとされているところが多く、家賃の中に含まれる管理費が高くなっていることもあります。

続きを読む

競売の仕組み

裁判所に競売申し立てをする

競売を「けいばい」と読むのは裁判所関連のみです。普通は「きょうばい」と読みます。 きょうばいは美術工芸品や宝飾品を競り(せり)で売る事を意味します。しかし近年ではきょうばいとは言わずオークションというのが一般化しています。 競売の流れとしては土地建物を債権者が裁判所に法的販売を申し立てることで担保不動産競売と強制競売の二種類があります。 前者は債権者が債務者所有の不動産に担保設定したものを裁判所に競売申し立てをすることで裁判所で競争入札が行われます。後者は担保設定はしてない不動産を債権者が裁判所に差し押さえを申し立て裁判所が認めたものを債権者が競売の申し立てをする事が出来ます。 申し立てが裁判所で受理されれば前後者共に同じ流れとなり競争入札が実施されます。

裁判所が債務者の不動産を売り出す

競売を申し立てるのは債権者です。債務者が債務者に債務の弁済を求めても弁済実行されない場合債権者は裁判所に競売申し立てを行います。 例としては人や企業が住宅を金融機関の融資を受け買い受ける住宅ローンがあります。住宅ローンが返済不能に陥れば債権者(住宅ローンの場合途中で債権の譲渡が行われることが多い)が裁判所に競売申し立てを行い受理されれば競売開始となります。 以後の流れは裁判所が債務者に不動産決定通知書を送付後裁判所の執行官と不動産鑑定士が共に債務者所有の住宅を訪れ、現況確認を実施後半年近くに裁判所が競争入札を実施後落札者に売却決定されます。その後の流れは売却決定者が債務者所有の住宅の明け渡しを要求し債務者が退去後実質の所有者となります。

土地を見極める

その土地の価格を決めるときには、土地査定というものが行われています。土地査定によって、ある程度の価格が決定します。査定基準があり、それらにのっとって価格が決められていっています。

続きを読む

個性的な家

デザイナーズマンションといって、家の全てにこだわった、個性的な家があります。価格は通常販売されているマンションよりも高く設定されていることがあります。デザイン性だけでなく、住みやすさも保たれています。

続きを読む

テナントを選ぶ

賃貸のテナントを探すときには、人の出入りがスムーズにいくところを選ぶべきでしょう。契約期間にしばりがあることも多い賃貸テナントですが、収益が見込めるのかどうかを判断することも大切です。

続きを読む