テナントを選ぶ

賃貸テナントを賢く選ぶ方法

賃貸のテナントを選ぶ上で、注意点やアドバイスについて説明します。 まずは、立地条件ですが、賃貸テナントを選ぶ上で、集客が見込まれる場所の物件を選ぶと良いです。いくら安いとは言え、道路に面していない物件であったり、日当たりがあまり良くないテナントであったりすると、集客があまり伸びず、多少割高でも人通りが良く日が当たり、明るいテナントを選んだ方が、採算性が良いケースが多いです。 また、注意しなければならないのは、新築の賃貸テナントの場合、ライフラインを構築する上で、初期費用が多くかかってしまうケースがあります。また、新し過ぎるが故に、色々と準備しなければならないものが多く、どちらかと言うと、新築のテナントを避け、前の利用者が自分と同じジャンルの商売をしていた賃貸テナントを選ぶことで、環境や準備をスムーズに整えることができる手段をとるのも得策です。

テナントの賃貸をするときには

テナントの賃貸をするときには、実は二年縛りとかそうした形が多いです。少なくとも次の月に退去します、ということが許されるような契約ではないです。ですから、賃貸をするときにはかなり注意をするべきです。テナントですから、商売をするのです。そこで商売をして、利益が見込めるのか、ということをよく計算するべきなのです。計算するのは大変なのですが、それでも見込みはできるのです。テナントというのは、使用条件があることがあります。 例えば、大きなショッピングモールの賃貸の場合、保証金も高いですし、そもそもどんな商売をするのかによって、断られるときもあります。 他のテナントの兼ね合いもありますから、賃貸を断られることもあるので、それは覚悟しておくべきです。