競売となる

競売になるまでの流れ

人は不動産による事業を手掛ける方と、それらを求める側があり、それぞれの事業及び供給、需要には多額の資金が動くのは当たり前であります。これは以前から、お金で世の中が成り立ってから、離れても離れられない、事項でありまして、自然と昔から引き継がれてきたものであります。事業を展開する事業費用は、金融機関からの借り入れで行うケースがほとんどでありまして、10から30年かかって返済し終える方も中にはおられると思います。また、それらの物件を購入し、不動産を手に入れる方も、資金を金融機関より借り入れされるとおもいます。借りたものは返すが当たり前ですが、返済ができなくなると、競売などにより、流れに沿った処分を受ける事は自然の流れであります。

資産の維持管理の行き詰まり

不動産を所有していますと、当然、維持管理が伴います。日々の掃除やまたローンの返済、固定資産税、都市計画税と言った税金の費用面での維持管理と何もしなくても、最低この程度はしなくてはなりません。これらの中でやはり大事なのは費用面であります。世の中の流れは不動産の価値が下がり、不況の波が治りませんが、その中でも競売してでも資金を集める側にとっては、自然の流れの中の手段であります。競売とは、資産の所有者が契約違反、返済の滞りが原因となるものがほとんどです。当然回収する側も競売になるまでには、いろいろな案により返済を求めます。それでも返済ができないのであれば仕方がない事ではあると考えます。維持管理の難しさが痛感されるものであります。